僕は子供のころから、やりたい仕事がなく、

「悔いのない仕事とは一体何なのか」

いくら考えても、わかりませんでした。

 

「会社で働いていいことあるんだろうか?」

 

そんな疑問が常にありました。

 

サラリーマンになることに

漠然とした不安がありました。

 

僕が子供の頃はバブル時代で、

株価も給料も右肩上がり。

 

ジュリアナ東京やらディスコやらが流行し、

日本中がノリノリで活気あふれた時代でした。

 

しかし、僕はそんな大人たちを見て、子供心ながら、

「この人たちは本当に幸せなのだろうか?」

と思ったものです。

 

必ず光の中には影があるはずだと…

一見、幸せそうに見えるサラリーマンたちが

生き生きと仕事をしているようには

見えなかったんですね。

 

僕の父親がそのように見えたのです。

”楽しそうに仕事をしているようには見えない…”

 

そして、バブルが崩壊し、長い不況が日本を襲うこととなり、

疑問はますます大きくなったのです。

 

僕自身もサラリーマンをやっていたので、わかるのですが、

仕事というのは、苦悩の連続です。

 

毎朝、目覚まし時計に朝早くたたき起こされ、

眠い目をこすりながら、

ギューギュー詰めの満員電車の中を耐えて出社。

座席に座りたくても座ることができません(泣)

 

今の時代は

「いつ痴漢に間違われるか…(汗)」

こんな仕事と関係ないことでビクビクしながら

電車に乗らないといけません。

 

通勤電車に乗るだけでも、ヘトヘトなのに、

会社に着いたら、本格的に仕事です(汗)

 

顔も見たくない上司や先輩に叱られたり、嫌味言われたり、

煩わしい人間関係に耐え忍ぶ毎日。

 

台風の日でもずぶ濡れになって、

出勤しなければなりません。

大雪の日でも、会社に行かないといけません。

 

少し体調が悪いからと言って、

どうしても休めないこともあります。

 

残業のために、帰りたくても帰ることだってできません。

 

そしてまた、帰りも電車で座席に座れず、

クッタクタになって、やっと帰宅。

 

いつまでも寝ておりたいと思っても、またすぐに朝が来る…

 

そんな毎日が繰り返されていく…

文句を言いたくても言えない。

 

そんな会社の往復が、定年退職するまで40年間、

人生の半分が奪われます。

 

しかし、苦労している割には

サラリーマンの給料は大して上がりません。

 

年1回の昇給と言ったって、大抵数千円アップする程度です。

 

景気が悪くなれば、ボーナスは出ないし、

給料は下げられます。

 

最悪の場合はリストラです。

 

 

何かのことで、働けなくなったらどうしますか?

 

事故にあったり、病気にかかって働けなくなり、

そのためにたちまち収入がなくなる人もいます。

 

事故に遭わない、病気にならないとは絶対に言いきれません。

 

実際に僕が働いていた会社の総務の部長が病気で働けなくなって、

リストラされましたからね。

 

何年もの間、会社に貢献した人でしたから、結構ショックでした…

 

もしそんな境遇にあったら、どうしますか?

 

 

僕はサラリーマン時代、派遣のエンジニアをやっていました。

別にエンジニアをやりたかったわけではありません。

 

僕は物理が得意だったのと、他にやりたい仕事がなかったからです。

 

別に物理が好きというわけでもありませんでした。

 

大してやりがいを感じていたわけでもありません。

ですが、待遇はまあまあ良かったので、

不満はありませんでした。

 

そんな僕を2008年、リーマンショックが襲ったのです。

 

たちまち、仕事がなくなり、給料はガタ落ち、

毎月赤字の連続で、貯金がなくなるのも時間の問題でした。

 

このままではヤバい…(- -;)

「何か副業しなければ!」と思っていたところ、

ネットビジネスに出会ったのです。

 

どうやらネットビジネスで

大金を稼いでいる人がいるらしい。

 

でもその時は、

エンジニアの仕事をやめる決心はつかず、

ネットビジネスの勉強を休止しました。

 

派遣という立場に嫌気がさし、電機メーカーに転職しましたが、

その職場にパワハラ上司がいて、

僕はパワハラやいじめにあうことになりました。

 

他の社員には優しいのに、僕に対しては高圧的な態度をとる。

大したことでもないのに怒鳴る。

仲間外れにする。

無視される。

そんなことは当たり前にやられました。

 

「こんな思いをしてまで、会社で働かないといけないのか?」

 

”理不尽で、リスキーで、割に合わないワークスタイル”

それがサラリーマンなのだと、

僕はさとったのです。

 

「会社に頼っていては、いざという時に困る。

サラリーマン以外に、安心して生きていける道はないものか?」

 

そんな疑問がわいてきて、

休止中だったネットビジネスに再チャレンジしようと思いました。

 

ネットでいろいろと調べていくうちに、

ネットビジネスで成功している人のブログに出会ったのです。

 

その人はアフィリエイトで月収100万円稼いでおり、

総額1億円以上稼いでいる有名な人でした。

 

目からウロコでした。

 

アフィリエイトというのは、

 

・個人で、今すぐにでも始められる

・資金がほとんどかからない

・資金がほとんどかからないからリスクが少ない(失敗しても、へのカッパ)

・サラリーマン以上の給料が期待できる

・自動化することで不労所得が実現できる

 

こういったメリットがあると知った時、

本当に興奮しましたね。

 

不労所得を実現し、自由を手に入れれば、

一生、お金に困ることがなくなるのです。

 

病気や事故で働けなくなっても、収入が確保されるのです

 

毎朝、目覚まし時計にたたき起こされなくていいのです。

通勤電車に乗ることもないのです。

 

上司に叱られることもありません。

朝はゆったりとコーヒー片手に、

本を読んだり、テレビを見たり、ネットを見ればいいのです。

 

海外旅行に行きたいと思い立ったら、すぐ出かけることができます。

 

一日中、趣味や遊びに没頭できるのです。

 

ワールドカップを見に行きたいと思えば、

開催国に行って、好きなだけ見ることができるのです。

 

サラリーマンには想像もできないことが、

ネットを使えば、できてしまうのです。

 

「会社に依存するというリスキーな生活を

脱出するチャンスだ。

これはやらない方が勿体ない」

と思いました。

 

「会社に頼らず、自由に稼ぐ力を身につけよう」

 

僕はサラリーマンをやめ、

メリットの多い、そして可能性を秘めたネットビジネスを

選択することとなったのです。

 

★追記

サラリーマンは僕たちが考える以上にリスクです。

以下の記事にそのリスクを書いてますので、

よければ、参考としてください ↓

 

改めてサラリーマンやOLのリスクが高い理由を書いてみる

サラリーマンのリスクが高い理由(1) ~収入が不安定

サラリーマンのリスクが高い理由(2) ~無収入になるリスク

サラリーマンのリスクが高い理由(3) ~過酷な長時間労働

サラリーマンのリスクが高い理由(4) ~人間関係のリスク

サラリーマンのリスクが高い理由(5) ~自由がない

サラリーマンにとってデメリットだと思うこと

 

関連コンテンツ

コンテンツ一覧

 

★無料プレゼント差し上げます

 

ブログは今何位?↓