僕は中学生の頃、

よく桃太郎電鉄というゲームにハマっていました。

 

僕がやっていたのはゲームボーイ版でしたが…

 

桃太郎電鉄(略して桃鉄)は、

サイコロを振って、日本全国をまわって、ゴールとなる駅を目指し、

誰が早く到着できるかを競いながら資産を増やし

最終的に資産の額を複数のプレーヤーで競い合うゲームです。

 

最初の頃は

どうすれば早くゴールとなる駅に早く到着するか

いかにボンビー(貧乏神)から逃れられるか(笑)

 

こんなことばかり気になっていました。

 

桃鉄ではいろんな駅があり、

駅に到着すると物件を買うことができます。

 

初めは物件取得のためにお金を使うことなど

1ミリも考えてませんでした(笑)

 

ゴールとなる駅を目指すことだけ考えていたのです。

 

しかし、相手プレーヤー(コンピューター)の動きを見ていたら、

ゴールを目指しているだけかというと、そうでもないんです。

 

所々で、持ち金で物件を買っているんです。

 

「はにゃ?」

 

当時まだ子供だった僕は、

この”物件を買う”という動きをするプレーヤーがおかしく思えました。

 

何でわざわざお金をドブに捨てるようなことをするのか?

不思議でたまりませんでした。

 

「お金が減ったらオレの勝ちじゃん♪」

なんて余裕こいてました(笑)

 

しかし、そんな期待と裏腹に

物件を次々に購入している相手プレーヤーの資産が

僕の資産をはるかに上回っているのです!

 

「え!?な、なんでやねん?」(・_・;)

 

しばらくは意味が分からず、

ひたすらゴールを目指すことだけ考えてました。

 

でも、一向に僕の資産はコンピューターの資産に追いつけません。

コンピューターの方が、どんどん資産が増えていき、

差は広がっていくばかり…

 

そしてやっと気づきました。

子供ながらに「なるほど」と思いました。

 

購入した物件が利益を生んでいるんだ!

 

これを知った時、かなり衝撃を受けました。

物件を取得するメリットに気付いたんですね。

 

それを知った途端、僕も物件を購入するようになりました。

 

中には1億円とか2億円とかの物件もあって、

購入をためらったり、

手持ち金がなくなることに寂しさを感じることもありましたが、

いずれ利益になることを考えれば、我慢できました。

 

物件の数に比例して、僕の資産はみるみるうちに、

勝手に、加速度的に増えていきました。

ほったらかしにしておいても、資産が増えていくのです。

 

そして、他のプレーヤを蹴散らして、

見事に資産総額1位になることができたのです。

 

この仕組みを知った途端に、ゴールを目指すより

「途中の駅においしい物件はないかな?」

「ゴールと反対方向だけど、この駅の物件、ほしいなあ…」

 

そんなことばかり気にするようになってしまいました。

生意気なガキですね(笑)

 

買った物件が、ほったらかしでも勝手お金を生み出す。

このことを教えてくれた桃鉄はとても勉強になるゲームでした。

 

当時の大人たちは

「テレビゲームなんかロクなもんじゃないからやめろぉ!」

と言いましたが、

ゲームもなかなか勉強になるものです。

 

これはゲームの世界の話ですが、

リアルのビジネスでも同じことが言えます。

 

ほったらかしにしておいても、

勝手にお金が増える仕組みを作ることにお金や時間を使えば、

それがさらに、加速度的に大きなお金を生んでいく…

 

仕組みができてしまえば、自分は働かずとも、

その仕組みを外から眺めるだけでいいのです。

 

のんびり、のびのびの毎日です。

 

一方、サラリーマンというのは、

会社という仕組みの中に自分を組み込まれている状態です。

 

仕組みの中の歯車になったら、自由は訪れません。

一生、時給や月給に左右される生活です。

 

自由になりたければ、

決して、自分を仕組みの中に入ってはいけません。

 

仕組みの外に自分を置くようにすることです。

 

そういう仕組みづくりのために投資をしていく人が

成功を手に入れることができると言えます。

 

ここ、すごい大事です。

 

そんなお金を生み出す仕組みなんて作れるの?

と思うかもしれませんが、

ネットビジネスで可能なんですね。

 

「正しい投資を行いネット上にお金を生む資産を構築する」

 

これが不労所得を手に入れるための

重要なポイントになります。

 

関連コンテンツ

コンテンツ一覧

 

★無料プレゼント用意してます

 

ブログは今何位?↓