今回はブログのハンドルネームの決め方についてです。

 

「このハンドルネームの方がいい」という考え方より

「こういうのは避けた方がいい」というスタンスで書いてみたいと思います。

 

まずは長い名前や発音しにくい名前、

アルファペットや難しい漢字ばかりの名前は避けた方がいいでしょう。

 

適度な長さで読みやすい名前がいいですね。

僕は4~5文字くらいがベターかなと思います。

 

できるだけシンプルの方が覚えられやすいですからね。

 

信用を得るには本名がベストですが

本名を語るのはやはり怖いものがありますよね。

副業でネットビジネスをしている人にとってはなおさらです。

 

そこで本名を少し変えた名前をハンドルネームにする手があります。

苗字を変えるとか、下の名前を変えるという方法です。

その方が何となく本名っぽい名前になります。

 

しかしこの場合、すでに使われているペンネームに注意してください。

例えば

「岡本亮」

「小澤竜太」

「宇崎恵吾」

といった名前で活動されている方がいますので注意が必要です。

 

本名らしい名前にする場合は

名前が重複していないか、事前に調べておいた方がいいでしょう。

 

あとは、

「やまだたろー」

「さとーじろー」

このようなふざけてる感がある名前は避けた方がいいです。

常識に外れた名前は信用されにくいです。

 

または

「キムタク」

「スパイダーマン」

といった有名人などの名前で

かっこいいところを見せようとする人も時々いますが、

見る方は冷めてしまいますし違和感を感じます。

不自然に感じるネーミングも避けた方がいいでしょう。

 

しかしながら、

「発音しづらい」

「ふざけてるんじゃない?」

と思われるかも知れないけど

「どうしてもこのハンドルネームにしたい」

というこだわりがあるかも知れません。

 

その場合はプロフィールなどでネーミングのいきさつを書くなどして

理解してもらいましょう。

 

ちなみにハンドルネームをコロコロと変えるのもおかしく思われます。

なるべくなら末永く使うハンドルネームにした方がいいですね。

あとで名前を変えたくならないように、

じっくりと考えて決めた方がいいでしょう。

 

あくまでもネットビジネスはビジネスですので

信用第一に考えていきましょう。

 

◆まとめ

・長い、読みづらい、難しい名前は避ける

・できるだけシンプル名前にする

・本名っぽい名前を使う場合は重複をさける

・常識の範囲内の名前にする

・敬遠されそうなハンドルネームしたのであればプロフィールなどで経緯を説明する

・ハンドルネームは頻繁に変えないこと

 

参考となれば幸いです。

 

関連コンテンツ

コンテンツ一覧

 

★無料プレゼント用意してます

 

ブログは今何位?↓