今回は、教材や書籍はそれ単体より組み合わせて購入して学習した方が

遥かに効率的である理由について取り上げてみたいと思います。

 

書籍や教材を購入した経験があると思いますが(ないかも知れませんが…)

書籍や教材単体を学習しても、なかなか理解が深まりません。

 

分かったようでわかっていないことが意外にあるものです。

 

単体で学習しただけでは消化不良になりがちなんですね。

その消化不良を改善するには、

書籍や教材を組み合わせて学習するのが効果的だと思います。

 

例えば

「現代広告の心理技術101」と「マーケティング戦術成功法則大全」

この本は一緒に学習した方がいいと思います。

 

現代広告心理技術101は、購入せずにおれなくなる消費者心理に基づいて、

その心理を駆り立てるコピーライティングの手法が解説されています。

 

消費者の心理の側に立ち、

その心理に主眼を置いてコピーライティングが解説されているのですね。

 

それに対し、マーケティング戦術成功法則大全は、

コピーライティング(言葉)に主眼が置かれています。

 

この書籍には「魔法の言葉」というキャッチフレーズが使われています。

 

お金を生み出す言葉とは?

人生を変える魔法の言葉とは何か?

 

言葉を中心にして成功法則が展開されています。

 

現代広告心理技術101は「消費者心理」から「言葉」に迫り

マーケティング戦術成功法則大全は「言葉」から「消費者心理」に迫っている。

 

互いの長所を学べるわけですね。

 

また、マーケティング戦術成功法則大全には

ダイレクトマーケティングが解説されています。

なぜダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)が大きなお金を生むのか

とても理解しやすいです。

 

アフィリエイトにブログメルマガが重宝される理由も納得できます。

 

ブログメルマガアフィリエイトは、まさにDRMの応用です。

 

「大きなお金を稼ぐにはDRMが効果的」

「DRMで爆発的に稼げる」

 

このように謳う教材は多いです。

 

しかし、DRMの何がそんなに効果的なのか?

なぜDRMが盛んに推奨されるのか?

 

その核心部分に詳しく触れている教材は多くありません。

教材だけでは小手先での理解にとどまってしまいがちです。

 

情報商材は主にテクニックを中心に解説したものだからなんですね。

本質について学習するには、

より詳しく解説された書籍や教材から学ぶ必要があります。

 

マーケティング戦術成功法則大全は

ダイレクトマーケティングの本質が解説されていますので、

これを読めば、それらの教材の書かれている内容の理解が10倍は深まることでしょう。

 

僕はコピーライティングの学習には

コピーライティングアフィリエイトプログラム(CAP)をおすすめしていますが、

CAPと現代広告心理技術101と一緒に学習した方が、CAP単体で学ぶより

コピーライティングスキルは飛躍的にアップすることは間違いありません。

 

教材を入手すると、それ単体で十分に感じたり、

帰結してしまいがちですが、

複数の書籍と商材を組み合わせて理解することで互いの内容が引き立ち、

書籍単体、もしくは教材単体で学習するよりも、

吸収が格段に速くなりますので、遥かに有益な投資と言えるでしょう。

 

早く、本気で成果を出したいという意識をお持ちであれば

ぜひ参考として頂ければと思います。

 

PS.

マーケティング戦術成功法則大全は

消費者の心に響くヘッドライン集が紹介されているのも有難いですね。

ヘッドコピーに悩んだ時はとても参考になります。

 

初めての方

初めてこのサイトに来られた方はこちらへ

 

関連コンテンツ

アフィリエイトゼロスタート入門

自由人になるためのコンテンツ一覧

 

★プレゼント差し上げます

 

ブログは今何位?↓