今日は僕のことを語ります。

興味がなかったら閉じてください(笑)

 

僕は小学校から高校まで国語が苦手でした。

高校時代なんかは、センター試験の模擬試験は

いつも偏差値40以下。

ひどい時は28ってときもありましたよ。

順位は学年全体で下から2番目… ガーン( ̄□ ̄;)!!(汗)

別に自慢じゃありません…(汗)

 

国語は悪戦苦闘の連続でした…

 

「文章を読んだり、書いたりするなんて、もうまっぴらだ!」

「文章を書く機会の少ない道を選ぼう」

 

そう決意して、理系の道を選んだのです。

 

僕は物理が得意だったこともあり、

電気の道に進むことにしました。

別に電気が好きなわけではないけれど、

父親が電気関係の仕事をしていたし、

特に他にやりたい仕事もなかったので。

 

まあ、得意分野を生かせば、

楽しいんじゃないかなあ、と。

 

でも…

いやー、失敗でしたね(汗)

 

電気関係の仕事って、小さい電子機器を扱うので、

手先が器用でないとダメなんです。

 

不器用な僕はまたまた悪戦苦闘…

ほんとに失敗の連続でした。

もう、叱られまくりでした。

 

「電気の仕事は自分に向いてないな…」

そう気づいた頃には、

社会人になってから10年以上たっていました。

 

しかも、機器の評価レポートを書かないといけないので、

結局、文章を書く羽目に…

 

「理系は文章を書かないでいいのでは?」( ;∀;)

 

僕の勝手な妄想でした…(笑)

 

ていうか、

レポートを書いていくうちに

むしろ、

文章を書く方がオレに向いてるのでは?

と思えてくる始末…

 

パワハラ上司からの嫌がらせや

サラリーマンという不安定な生き方にも失望し、

ネットビジネスの魅力にひかれ、

アフィリエイトに挑戦することを決意したのです。

 

しかしながら、アフィリエイトは文章を書かないといけない…

得意分野捨てて、苦手分野に飛び込む。

最初は悩みました。

 

えーい、そんなこと言ってられねーだろ!!(*`Д´)フオォォォ!!

僕は自分にムチを打ちました。

 

で、

こうして今、文章を毎日のように書いているのですが…

 

慣れれば、意外に文章って書けるものです。

 

最初は苦労しましたが、慣れなんでしょうかね?

最近はスラスラと書ける自分に驚いています。

偏差値が40以下だったくせに…(笑)

まあ、おかしなものです(苦笑)

 

と、

ここまで、僕の経歴を書いてきましたが、

何を言いたかったのかというと、

 

苦手だからと言って、

その苦手分野に目をそむけるのではなく、

もう1回見つめなおすと、

何か違ったものが見えてくることもあるんじゃないか?

ということを言いたかったんです。

 

自分の知らない世界

見えていない世界がたくさんあるのではないかと…

最近そう思うのです。

 

苦手だからと言って、国語を捨てた僕ですが、

視野が狭かったし、短絡的だったと思うんですね。

 

記事が書けなくて悩んでいる方って、多いですよね。

 

僕も記事が書けなくて悩んでいた時期もありますが、

世界が広がると、不思議と書けてきました。

 

ネットビジネスの世界

マーケティングの世界

ライティングの世界

 

まだ、あなたの知らない世界がたくさんあるはずです。

 

記事が書けないときは、

無理に書こうとしないでいいと思います。

 

まずは視野を広げてください。

世界を広げてみてください。

 

記事を書きたくなったその時、

書き始めてみてはいかがでしょうか。

 

大丈夫ですよ。

偏差値40以下の僕でも、こうして書いているのですからね!

 

関連コンテンツ

コンテンツ一覧

 

★プレゼント差し上げます

 

ブログは今何位?↓