サラリーマンのリスクを長々と書いてきましたが、

これで5回目となりました。

とりあえず、ここを区切りとしたいと思います。

 

サラリーマンのリスクの最後は

自由がないということです。

 

サラリーマンには自由がない

会社員になると、

決まった場所と決まった時間で、

毎日、定年まで働き続けなければなりません。

 

人生80年と言われる現代ですが、

約20歳~60歳までの40年間、

人生の半分を会社に捧げるということです。

 

人生の半分の時間は、会社に束縛され、

その間は自由がないわけです。

 

「いや、定年になったら自由だから、

定年後になったら、やりたいことをやるよ」

と考えている人がいますが、

期待しない方がいいです。

 

定年後にやりたいことをやろうと考えるのは、

今が若いからです。

 

30~40代の間は、60歳過ぎの定年後のことを想像して、

定年後はあれやって、これやってと想いをめぐらせますが、

致命的なことを見落としています。

 

定年過ぎた頃はやりたいことが出来る体力はないということです。

 

年取ると、あれもこれも、できなくなります。

 

定年になると、体力も衰えるし、

その頃は身体が健康でいられるという保証はありません。

何をするにもおっくうになってきます。

 

身体もあちこちが痛いとかで、

出かけるのもめんどくさくなります。

 

体力があるからできることを、

体力のなくなった時にやろうとして、

実際できるんですか?ってことです。

 

現実はそんなに甘くありません。

 

年取ってから、やりたいことをやろうとしても、

思い通りにできなくなってしまいます。

 

好きなことをやれるのは、

一番若い今しかないのです。

 

僕たちの人生は仕事に束縛される人生です。

やりたい仕事ができている人なら満足でしょうが、

ほとんどの人は、やりたい仕事をできていないでしょう。

 

行きたくもない会社に40年もの長時間縛られる…

人生の大半は自由がないのです。

 

そんな束縛から解放され、

 

目覚まし時計にも起こされない

行きたいところに行ける

旅行に行きたい時に行ける

趣味に没頭できる

 

そんな時間的に自由

場所的にも自由になったら、

素敵ですよね。

 

それを可能にするのがネットビジネスなのです。

 

◆まとめ

サラリーマンのリスク その5

「自由がない」

でした。

 

関連記事

改めてサラリーマンやOLのリスクが高い理由を書いてみる

サラリーマンのリスクが高い理由(1) ~収入に関するリスク

サラリーマンのリスクが高い理由(2) ~無収入のリスク

サラリーマンのリスクが高い理由(3) ~労働時間のリスク

サラリーマンのリスクが高い理由(4) ~人間関係のリスク

 

初めての方

初めてこのサイトに来られた方はこちらへ

 

関連コンテンツ

コンテンツ一覧

 

★プレゼント差し上げます

 

ブログは今何位?↓