「わかりやすい文章とは何か」

このテーマについて取り上げています。

 

やはり文章を書くこと、

とりわけブログ記事を書くことに

悩みを抱えている方は多いと思います。

 

そこで、僕なりの意見を書いています。

 

前回は相手の立場に立つということについて

書きました。

 

今回は2回目です。

 

文章力向上のポイントの2つ目としては

「中学生でも分かる文章を書くことを意識する」

ということです。

 

言葉を変えると

「難しい言葉を使わない」

ということです。

 

ネットビジネスやアフィリエイトで、

記事を書くときに、難しい言葉を使いたくなる時が

あると思います。

 

例えば「理念」という言葉。

 

理念というのは、

 

「社会にどのように貢献しようとしているのか」

「どのような価値観で仕事しようとしているのか」

 

というのが、大体の意味になります。

 

ですが、理念という言葉は、

普段、あまり聞きませんよね。

 

理念てよくわからない人が多いと思います。

ですから、あまり使わない方がいいとは思います。

 

ただ、僕はネットビジネスやアフィリエイトをするにあたり、

理念が大事だと考えています。

 

出来れば理念という言葉を使いたくなかったのですが、

他に最適な言葉が思いつかない場合もあります。

 

こういう場合、

読者がよくわからんと思いそうな言葉を

調べておいて、説明書きを

入れておくようにします。

 

理念とは「~ということです」みたいに。

 

本当に必要な時以外は、難しい言葉を使わない。

使うのであれば、説明書きを入れる。

 

これだけでも、読者は助かると思います。

 

大体、読者は最初からブログを読む気マンマンで

気合を入れて、読みに来る人なんていないです。

 

なんかちょっと面白そうだから、見てみるか…程度です。

 

普段、忙しくて、疲れている中、

難しい用語ばかりを並べられると、

書いていることがわからないし、

余計疲れます。

 

ただでさえ日常生活でストレスが溜まっているのに、

ますますストレスが溜まるようでは、

ブログを閉じられてしまっても仕方ありません。

 

よほど、興味を引くブログ記事でない限り、

わざわざ、難しい用語を自分で検索して調べる人もいないでしょう。

 

読者は疲れることを嫌います。

何か有益なものを得たくて来ています。

 

僕たちはどうしても名誉欲があります。

「この人は物知りだ」

「この人は難しい言葉を知っていてすごいなあ」

こんな感じで褒められたい気持ちがあります。

 

しかし、その思いを封印し、

中学生が読む記事を意識する、

ということが大事ですね。

 

この心がけを持つだけでも、

これまでと違った文章が書けるのではないかと思います。

 

関連記事

文章力向上トレーニング(1) ~相手は何も知らないという前提で

文章力向上トレーニング(3) ~声に出しながら書く

文章力向上トレーニング(4) ~適度に改行を入れる

文章力向上トレーニング(5) ~主語を抜かさない

文章力向上トレーニング(6) ~指示語と固有名詞

文章力向上トレーニング(7) ~連体詞を意識する

文章力向上のポイントのまとめ ~書いて書いて書きまくる!

 

初めての方

初めてこのサイトに来られた方はこちらへ

 

関連コンテンツ

コンテンツ一覧

 

★プレゼント差し上げます

 

ブログは今何位?↓