続きまして、文章力向上トレーニングの6つ目は、

「指示語を使いすぎない」と

「固有名詞を省略しすぎない」です。

 

指示語を使いすぎない

まず「指示語を使いすぎない」ですが、

指示語というのは、

「この」「その」「あの」

とか

「これ」「それ」「あれ」

または

「ヤツ」

といった言葉です。

 

文章を書いているときに、

出てきた固有名詞などを繰り返さずに置き換える言葉ですね。

 

この指示語って、文章を書く側にとっては

とても便利な言葉なんですよね。

 

僕も文章を書いていると使いたくなります(笑)

楽なんですよ、本当に。

 

しかし、読み手にとっては、わかりづらいことがあります。

 

日常会話でもありませんか、こんなこと↓

 

登場人物AくんとBくんがいたとします。

 

A「それ取って」

B「えっ、どれ?」

A「それだよ、それ」

B「えっ、それってどれよ?」

A「その赤いヤツだよ!(ちょっとキレ気味)」

B「えっ、こ、これ?」

A「違うってば、その赤いヤツだってば!(逆ギレ)」

B「えっ、どれだよわかんねーよ!(逆ギレ)」

 

これと似た状況、経験したことがあると思います。

僕もこういう場面に遭遇することが結構ありました。

 

まあ、僕はちょっと頭が弱いのか、

「それ取って」とか言われても、

「それ」というのがわからず、

「えっ、どれ?」ということがあり、

相手がキレ気味になるということがありました。

 

「それ」といった指示語は便利な反面、

相手には何を指すのか、わからないことがあります。

 

自分は「それ」が何なのかわかっているから、

相手もわかるだろうと思うのでしょうが、

そんなことはないです。

 

簡単に以心伝心ができるなら、

世の中、コミュニケーションに苦労しません(汗)

 

記事や文章を書く時も同じことが言えます。

 

「あの記事読みましたか?」

「ついに買っちゃいましたよ、あれを」

「この間、例のセミナーに参加しましたよ」

といきなり書かれても、

 

初めてきた読者や事情を知らない人は

「あの」とか「あれ」とか

「この間」「例の」とか言われても、

よく分かりません。

 

わからない人は、

置いてきぼりや仲間はずれをくらったような気がして、

「自分には関係ない記事かな…」と思ってしまい

その先の文章を読む気が失せて、読者は離れてしまいます。

 

「ここで指示語を使うと相手にわかりづらいかも」

と少しでも思ったならば

面倒でも、指示語を使わず、

固有名詞を使った方が無難です。

 

固有名詞を省略しすぎない

次に「固有名詞を省略しすぎない」です。

例えば、以下の文章。

 

「ラーメンと餃子が来た。食べてみたら熱かった」

 

これだけだと熱かったのは、

ラーメンなのか餃子なのか、

それとも両方なのか、

分かりませんよね。

 

主語を抜かしてしまうのと同様に、

書き手はついつい、

こういうところを抜かしてしまいがちです。

 

この場合、固有名詞は抜かさない方がいいです。

 

「ラーメンと餃子が来た。餃子を食べてみたら熱かった」

と書けば、餃子が熱かったのだなとわかります。

 

このように「それ」「これ」を連発されたり、

名詞を省略されると、

読者は

「それとかこれって何?」

「何が熱かったの?」

という疑問が湧き、

その疑問がわからないまま読み進めることに

ストレスを感じてしまいます。

 

もちろん、文章にも流れがありますから、

固有名詞を繰り返すことで、

読者がくどいと感じることもあります。

 

そういう場合は指示語に置き換えたり、

または名詞を省略した方が文章がスムーズの時もありますから、

そこは再度文章を読んでみるとか、

経験を積むことで、

どのように使い分ければいいか、わかってくると思います。

 

基本的には、

「指示語を使いすぎない」

「名詞を省略しすぎない」

ということを意識することが大事と思います。

 

文章を書くことに慣れていない間は、

特に注意した方がいいかも知れません。

参考としてください。

 

関連記事

文章力向上トレーニング(1) ~相手は何も知らないという前提で

文章力向上トレーニング(2) ~中学生でも分かるように

文章力向上トレーニング(3) ~声に出しながら書く

文章力向上トレーニング(4) ~適度に改行を入れる

文章力向上トレーニング(5) ~主語を抜かさない

文章力向上トレーニング(7) ~連体詞を意識する

文章力向上のポイントのまとめ ~書いて書いて書きまくる!

 

初めての方

初めてこのサイトに来られた方はこちらへ

 

関連コンテンツ

コンテンツ一覧

 

★プレゼント差し上げます

 

ブログは今何位?↓