ロバートキヨサキ著の

「金持ち父さん貧乏父さん」

という本があります。

 

世界的なベストセラー本なのでご存知かも知れません。

 

ある人のすすめで読んだのですが、

「無知とは恐ろしい」

と心底から思いました。

 

この本で人生観が破壊されたという人は多いですが、

僕も目からウロコという感じです。

 

「金持ちはお金のために働かず、お金を自分のために働かせる」

であったり、

「マイホームや車は資産ではなく、負債である」

だったり。

 

僕の考え方は変わりましたね。

あまりマイホームへのこだわりがなくなったというか。

 

それよりも

「いかに自分の資産を築くかどうか」

 

資産を築く重要性が書かれています。

 

金持ちになる人と貧乏になる人

 

考え方や見る所が根本的に違います。

 

サラリーマンは、給料明細から

税金やら保険やら多くのお金が差し引かれ、

なかなか資産を築けずに、貯金がなかなか貯まりません。

 

この状態を「ラットレース」と書かれています。

 

ラットレースとは、ネズミが輪の中を走って、

輪がくるくるまわっているような状態です。

 

多くの人はお金の知識がないために

このラットレースに巻き込まれ

お金がなかなか貯まらないままとなります。

 

お金のことを知らないというのは、ほんと怖いです(汗)

 

お金の教育は、学校では全くされません。

 

まあ、学校はお金のために働く方法を教える場であり、

サラリーマンや従業員を育成するところです。

 

学校教育でお金持ちになろうとしたら、

一生、ラットレースで終わってしまうでしょう。

 

もし、少しでも多く貯金をしたいのであれば、

今すぐにでも正しいお金の教育を受けた方がいいと思います。

 

この本はお金の教育を受けるのに最良の書です。

価値観が180度変わります。

 

ブックオフにも安く売られていると思います。

ぜひ読んでみてください。

 

なぜ車やマイホームが負債になるのか、わかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連コンテンツ

コンテンツ一覧

 

★プレゼント差し上げます

 

ブログは今何位?↓